旅行保険付帯のクレジットカードがお得

旅行をよくする人が、お得となるのが旅行保険が付帯するクレジットカードです。

クレジットカードの旅行保険は国内旅行保険と海外旅行保険があります。
どちらも付帯する場合もありますし、どちらかが付帯する場合もあります。
特にお得なのは、海外旅行保険です。
海外では治療費が高額になりがちのためです。
ちょっとした受診でも、何万円、何十万円と請求されることはザラです。
カンタンな手術をすれば、200万円、300万円は軽くかかってしまうでしょう。
この金額をすべて自己負担…となると、支払えない!となるのではないでしょうか。
クレジットカードの保険で賄えば、自己負担をしなくてもよくお得です。
疾病治療や傷害治療費が高いクレジットカードを選んでおけば、海外で治療を受けても費用の心配をしなくても良くお得です。

クレジットカードの旅行保険で確認しておきたいのは、利用付帯と自動付帯があることです。
自動付帯は、クレジットカード会員であれば保険適用となります。
持っているだけで何かあった時は、保険金を請求することができます。
利用付帯は旅行の代金をクレジットカードで支払った時のみ、保険適用となるシステムです。
交通費や宿泊代金の一部を支払えば良いもの、旅費のすべてをしはらなければならないものなど、適用条件もクレジットカードにより異なりますので確認しておいてください。

お得なのは利用付帯より自動付帯となるでしょう。
現在は海外旅行保険が自動付帯となる、年会費無料クレジットカードもあります。
年会費無料なのであれば普段使いをするのではなく、海外旅行や海外出張のために発行しておいても良いでしょう。
JCB EIT、エポスカード、REXカードLiteなどが、年会費無料でも海外旅行保険が自動付帯となっています。
死亡や後遺障害時は補償金額が高いクレジットカードで補償となりますが、疾病治療や傷害治療は合算することが可能です。
1枚ではなく何枚か持っているのがお得です。

家族で旅行に行くのであれば、自分だけクレジットカードを持っていても補償は不十分となりますので気を付けてください。
家族も補償の対象となるクレジットカードもありますが、それほど多くはありません。
家族が旅行保険が付帯するクレジットカードを持っているのかを、旅行前に確認しておく必要があります。
もし補償が不十分であれば、旅行保険が付帯するクレジットカードで家族カードを発行するのがお得です。
家族カードを発行すれば、家族も旅行保険の補償対象となります。